美白になるにはコレでしょ!!

美白になるにはどうすればよいでしょうか??日焼けをする方法はいくらでもありますが、実は美白なる方法というのはありません。人は元々の肌色より色が白くなることはないのです。反対にメラニンを生成しすぎると肌は焼け、戻らなくなる可能性もあります。じゃあ今より肌を白くすることは不可能なのでしょうか???答えはノーです。今より必ず色白になれます。なぜかというとあなたが生活しているだけであなたの肌は少なからず焼けているのです。極端な話しをすれば電球の光だけでも肌は少なからず焼けます。だ・か・ら あなたの肌は今よりも白くなることができるのです。
では色白になるためのメカニズムはというとメラニンを抑制すれば良いだけです。
メラニンは紫外線からお肌を守るという重要な役割がありますが、過剰に生成されると肌に残って、シミ・そばかすの原因となってしまうのです。
では必要以上にメラニンを作らない方法はどのようなものがあるでしょうか??

 

日焼けを防ぐ方法

1.日焼け対策をする

紫外線からお肌を守ろうとするときにできてしまうのがメラニンですから、最初から紫外線を極力浴びないようにすれば良いです。
UV対策の乳液やクリームを塗ったり、帽子UVカット加工の服などを身につけて、紫外線を浴びないようにします。

 

2.スキンケア

美白効果の高いビタミンC誘導体や、アルブチンなどが配合されている、スキンケア製品を使うようにします。
ただしお肌に合わないスキンケアはお肌に負担をかけてしまいますので、肌質に合ったものを。
ポイントメイクの色素を残さないよう、夜はクレンジングをしっかりしてから就寝します。
美白ばかりにとらわれず潤いもしっかり、肌を優しくいたわりましょう。

 

3.肌に刺激を与えない

朝の洗顔時やバスタイムで、過度にタオルで顔や体をゴシゴシこすったり、汚れたパフでファンデーションを塗ったりするのもNGです。

 

4.健康的な生活習慣

規則正しい生活ー夜更かししない、バランスのとれた食生活を心がけます。
体が健康であることが美の秘訣です。体が健康だからこそ、自律神経が正常に働き、お肌のターンオーバーも行われます。またストレスをためないことも重要です。過度なストレスは自律神経系を乱してしまいます。

 

美白を考えるならまずは美白化粧品を試してください。
美白を考えている人はまず化粧品や日焼け止めから考えませんか??
美白を維持するにはメラニンを抑える化粧品を使う必要があります。またメラニンを反応させない日焼け止めもあります。
どちらが正解では無く、両方することが日焼け予防や美白への近道となるのです。

 

シミが多くなる理由

ストレス

過度なストレスは、過度な緊張状態を身体に強制し、血流を阻害して細胞機能を低下させるため心身共に悪影響を及ぼします。神経性胃炎や過敏性腸症候群、円形脱毛症、うつ病や生活習慣病などを引き起こすほか、ストレスはシミができることにも関係しています。ストレス状態に置かれた身体は、低下した細胞機能を活性化しようとして血流を促すべくアドレナリンを分泌しますが、長期にわたるアドレナリンの働きを維持することは不可能なので、代わりに長期的な働きをする男性ホルモンを分泌しはじめます。すると、男性ホルモン分泌の指令を司る脳下垂体に隣接した中葉という部分が、誤ってメラニン色素を生成させる指令を出すことがあるため、ストレス状態が続くことで、メラニン色素が生成されてしまうのです。ストレス状態では新陳代謝が悪くなっていることも手伝い、メラニン色素はそのまま排出されずにシミと化してしまうというわけなのです。

 

女性ホルモンバランスの乱れ

シミにはいくつかの原因がありますが、女性ホルモンの乱れもそのうちの一つです。女性ホルモンの乱れを原因とするシミを“肝斑”といいます。“肝斑”の特徴は、頬、額、顎、上唇に淡褐色の輪郭がはっきりしないシミが左右対称に現れることです。30代〜40代の女性に多く、原因として妊娠や経口避妊薬の服用が指摘されているため、女性ホルモンのバランスとの関係が言われています。“肝斑”は、妊娠時に濃くなったり、黄体ホルモンのバランスを変える経口避妊薬使用時に発生したりすることから、妊娠の準備や、月経周期に関係し、妊娠期間を維持する働きを担う黄体ホルモンと呼ばれるプロゲステロンとの関係が最も濃いと言われています。また、ホルモンバランスは過度なストレスによっても崩れる場合がありますので、“肝斑”は精神的な原因で現れることもあります。

 

加齢

肌は、加齢に伴い少しずつくすみが出たり、シミが増えたりしがちです。それは、ひとことで言えば加齢の伴う代謝機能の低下によって、肌のターンオーバーが遅くなるからですが、ターンオーバーの乱れは乾燥肌を招き、さらに紫外線による光老化が重なって、肌の再生能力が衰えるためシミができやすくなるのです。加齢と共に肌の新陳代謝が不活発になった肌は、古い角質やメラニン色素の排出が遅くなり、肌に残ってシミになってしまいます。そして紫外線によるダメージによって、肌は十分な水分を保持する力を失ってしまうため、光老化が進みます。そして肌の乾燥が進むと、肌のバリア機能が低下して外部刺激からのダメージに弱くなり、それが悪循環を繰り返してシミができやすい要因をつくり続けるのです。

 

どんな商品を選べばいいの?

 

こちらのサイトは美白に関する知識や商品を多数紹介していて本当に為になるサイトです。
各社CMでは色々な事を言っていますが、他の商品を比べたような宣伝が無いから実際の効果がわかりません。
ならこういったサイトで比較しているのをみたり、オススメされている商品を選ぶ事がいいと思います。

 

今年の夏は海に行きたい!!でも美白もバッチリ守りたいと思ってる人には上のサイトは本当に重宝できるサイトになっていると思います。

美白とシワやたるみにも注意

美白を続けるならシワやたるみにも注意が必要です。シワやたるみがあればいくら美白をしても年齢が高く感じてしまいます。
シワやたるみの対策も美白と同時並行ですることが大切だと思います。
こちらのサイトはシワやたるみの対策について詳しく書かれています。
シワ&たるみ対策labo※試してみた商品ラインナップ

 

肌ケアが手間なひとは美白にこだわらずオールインワンゲルがおすすめです。
オールインワンゲルの本当の口コミ&ランキングレポート

更新履歴